静岡市立商業高等学校(市商)の演劇部員がスキ勝手に書いちゃうぜッ!のぞいてみちゃえばあ-


by ichisho-engeki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

残り3週間でごんす

昨日の幻の記事は誰か見たかな!?こんばんは腹部のドンです!間違えた副部です!


初投稿です~どきどきしますね~。
……なにかなー、そうだなー、じゃあ演出らしくちょっとこの6公に向けて軽い意気込みでも!あと17日しかないらしいしね!びっくりだね!




現実にあった話というと、昨年の「私の上に降る雪は」が思い返されますね。
今回とは随分異なる毛色の作品なので、もしかしたら参考にはならないかもですが、あのお話もひとつの紛れもない「現実」です。

私はなんかそのときもキャストとして舞台に立たせていただきましたが、やはり何度も何度も人物の気持ちを想像することに時間を使いました。
他人のことなんてもちろん完璧に理解できるはずもないですから、それは私なりの歪な像しか結びませんでした。

でも、それでいいんです。
想像して、舞台に立ったとき、同じ目線にいるのは確かです。

あなたの目の前に立つ他の誰かは、実在したのです。
他の誰かの目の前に立つあなたは、実在したのです。

演劇、お芝居を考えたとき、その姿が観客の目に、ひとつのリアルとして見えたならそれは成功なんです。
白いベールをぼろぼろに剥がされたリアルをそこに感じたなら成功なんです。
成功なんて言葉じゃ飾れないくらい泥臭い劇を作り上げたいとすら思っています。


私はキャストとして、また、演出として、そのリアルを見せて欲しい。
それがこの作品をやりたいと思った答えです。



まだまだその域に達していないことはキャスト・スタッフの皆さんが1番よく分かっていると思います。
私も、うるさい姑に負けないようたった1人の演出としてがんばりますので、もっとみんなが協力的になってくれたらすてきです(笑)
相談でも話だけでも聞き手役ならプロレベルなので、大変なときはどうぞお気軽に声をかけてください。
抱え込んだってつまんないぜ。あと知ったかぶるのもなしな。




それにしても1年のみんなが優しくて楽しい子ばっかでうれしいですね~。
ただなんかほぼ全員が私をイジリ対象として見ているってえ、そんな……先輩として見てくれ!!


3年のみんなは進路とかテストとか検定とか追い詰められる出来事ばかり積み重なって本当に大変ですが、一緒に乗り越えようね!
ドンがくたばってるときいつも声かけてくれてありがとうです!




ではでは、更に部活はハードになっていきそうですが、
限られた時間を大切に使うこと。以上! ドンでした。
[PR]
by ichisho-engeki | 2011-06-08 21:10 | ◎21年度入部緑学年◎